医師紹介 求人情報
篠田皮ふ科・形成外科HPへ

篠田皮ふ科・形成外科(武雄)
佐賀県武雄市武雄町大字昭和106
TEL:0954-23-1240

皮膚科案内

皮膚科についてのご案内

当院で治療できる主な皮膚疾患

湿疹、小児湿疹、アトピー性皮膚炎水虫、たむし虫刺され、とびひ、にきび、 単純疱疹、帯状疱疹、
皮膚乾燥しもやけ、あかぎれ
(ケガ、キズアト、やけど、おでき、ほくろ、皮膚腫瘍、皮膚がん、巻き爪に関しては形成外科案内をご覧ください。
→形成外科案内ページへ

湿疹、小児湿疹、アトピー性皮膚炎について

湿疹は、皮膚科を受診する患者様のなかでも一番多い皮膚病です。 小児湿疹、アトピー性皮膚炎もこの湿疹の範囲に含まれます。
では、この湿疹は何かというと、皮膚の皮疹(できもの)が、赤み、かゆみ、をともない、細胞レベルでは皮膚の表層でむくみ(浮腫)を 起こしている皮膚病の総称を湿疹と呼んでいます。
治療は、おもにステロイド外用剤を塗ることですが、最近では、内科、小児科でも湿疹に対してステロイド外用剤を処方されているのが現状です。患者様の大半は改善されるようですが、 なかには、なかなか改善しないばかりでなく、悪化した状態で、皮膚科を受診される患者様も少なくありません。
そのような患者様は残念なことに、ステロイド外用剤に対し悪いイメージを持っておられる方もいらっしゃいます。ステロイド外用剤は、 薬を塗る部位と薬の強さを正しく使用すれば、なんら怖い薬ではありません。当院では、数十種類のステロイド外用剤から薬を塗る部位も考慮した上で、適切なステロイド外用剤を選択し、使用法を丁寧にご説明いたします。

湿疹・アトピー

湿疹(アトピー性皮膚炎)

湿疹・アトピー

湿疹(アトピー性皮膚炎)

■紫外線療法(ナローバンドUVB)■
当院では皮膚特定疾患である、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑(しろなまず)、掌蹠膿疱症に対し 紫外線療法(ナローバンドUVB)を行っております。
また、ステロイド外用剤ではなかなか改善しない、痒みの強い湿疹に対しても本治療は有効です。

皮膚特定疾患

[アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)尋常性乾癬、尋常性白斑(しろなまず)、掌蹠膿疱症など]

紫外線治療ご希望の患者様は、お気軽にご相談ください。
ナローバンドUVB

水虫、たむし

当院の皮膚科診療では、もっとも専門的な診察をしている皮膚病です。
足がかゆいとか、足底に水ぶくれがみられると、すぐ“水虫”と自分で診断してしまう方が多いようです。これは、誤りです。
まず専門医では、足の皮膚に水虫菌(白癬菌といいます。)がいるかどうかの診察をします。 足の皮膚をすこし取って(痛みはありません)顕微鏡で皮膚の中に水虫菌がいるかどうかを検査して患者様に水虫菌を画像で確認していただいた上で治療法を説明いたします。
さらに当院では、真菌症(水虫、たむし)が、どこから感染したかを調べる検査(培養検査)も実施しております。これにより、人、動物(ペット)、土、からなどの感染経路がわかります。 培養の結果、その水虫菌が小動物から感染したのであれば、家のペットの治療もしなければなりません。人からの水虫菌であれば家族の足水虫の検査も必要になります。

爪水虫治療前

爪水虫治療前
(水虫菌に破壊された爪)

爪水虫治療後

爪水虫治療後
(内服薬4ヶ月服用後)

水虫菌(白癬菌)

水虫菌(白癬菌)の
顕微鏡画像(←)

猫から感染したタムシ

猫から感染したタムシ

猫の脱毛巣が感染源
(タムシが多数付着している)

培養検査

培養検査
(人や猫のふけを培養すると
独特の菌の集合体を形成する)

夏の代表的な皮膚病(虫さされ、とびひ)

自然の多いこの地域では、夏場にたくさんの虫が発生します。当院でも多くの患者様が 虫さされで、受診されます。虫さされを放置して、皮膚をかきこわしてジクジクした状態にしてしまうと、とびひという皮膚病へ変化していきます。
虫さされと、とびひは治療法が全く異なりますので、治りが悪い虫さされがある場合はお早目に皮膚科受診をお薦めします。

~最近マスコミをにぎわしているマダニについて~
マダニに刺されて来院する患者様が増えています。
すいかの種のようなこげ茶色の虫体を持参する方もあります。
マスコミが報じている重症熱性血小板減少症候群(SFTS)はマダニに刺されて死亡する恐ろしい病気です。この病気はマダニの体内のウイルスがヒトに侵入して発病します。
すべてのマダニがこのウイルスを保有しているとは限りません。マダニはライム病や日本紅斑熱という病気の病原体も保有していることがあります。
草むらを歩く時や山に入る場合は肌の露出を極力避けるようにしましょう。ペット(猫や犬)の野外への外出でもマダニが付着し,ヒトがペットに接触した時にマダニがヒトの皮膚に吸着することがあります。ペットにマダニが付着していないか時々点検しましょう。

マダニ(吸血前)

マダニ(吸血前)
実物は約2㎜

マダニ(吸血後)

マダニ(吸血後)
実物は5㎜前後

冬の代表的な皮膚病(皮膚乾燥、しもやけ、あかぎれ)

冬場になると、外気は乾燥します。皮膚も当然のように乾燥します。
人の皮膚は、乾燥しただけで、痒みを覚える仕組みとなっています。 また、低温になると手足の血流も低下するため、しもやけも多くなります。皮膚乾燥、しもやけ、あかぎれと一連の連鎖となる方もいらっしゃいます。 当院では、皮膚の状態を診察した上で早め早めのスキンケアを、ご説明いたします。

当院では医療用制汗剤『パースピレックスロールオン』を取り扱っています。

ワキ汗・ワキガ・手汗・足裏汗にお悩みの方は、ご相談ください。


■汗腺の深部に「フタ」をして、発汗を、“塗るだけ”で抑制■
パースピレックスは塗るタイプの制汗剤(医薬品)です。 汗を抑制したい部位に塗布すると、主成分の塩化アルミニウムが汗腺深部に角栓を形成。汗腺に「フタ」をして、汗の分泌を物理的に抑制します。


■手のひらや足の裏には、ローションタイプをお使いいただけます。■
*手足用のローションタイプは、塩化アルミニウムの配合濃度が高いためワキには使用いただけません。


→ パースピレックス詳細PDF(こちらをクリック下さい)

当院では制汗スティック剤『D-bar ディーバー』を取り扱っています。

皮ふ汗臭、制汗、わきが(腋臭)にお悩みの方は、ご相談ください。


【特 徴】

■肌の弱酸性を保ち細菌の繁殖や汗の臭いを抑えます。

■直ぬりスティックタイプなので、朝塗るだけで長時間夜まで効果持続します。塗り直しの手間がありません。

■有効成分 ミョウバンの収かん作用で毛穴を引き締め、汗を抑えながら抗菌効果があります。


ご希望の方は、医師 スタッフへお気軽にお声かけください。

当院ではハイドロキノン(美白クリーム) を処方(自由診療)しております。

ハイドロキノンは、メラニンを合成する酵素を弱らせ、メラノサイトの働きを抑えて、メラニンの数を少なくします。その結果として、現在あるシミが薄くなり、さらに次にできるシミも予防します。当院では、シミの初期治療としておすすめしております。
個人差がありますが、効果が出るのは3ヶ月ほどかかります。使用量を誤るとかぶれや赤みなどのアレルギー反応が出る可能性がありますので一度 保険診察による肌チェックをオススメします。

プラセンタ注射

プラセンタは人胎盤抽出エキスです。日本では、肝硬変、慢性肝炎、更年期障害、乳汁分泌不全の疾患に保険適応となっています。
美容皮膚科では、シミ、くすみ、肌荒れの改善(美肌,美白効果)更年期障害に効果があると言われて使用されています。当院のプラセンタは日本生物製剤のラエンネックを使用しております。
1回 皮下注射 1,200円(*価格表記は全て消費税抜きの金額です・自由診療)

グラッシュビスタ (まつ毛をのばす外用薬)

本薬剤は、睫毛貧毛症の患者様に処方されるまつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬です。有効成分であるビマトプロストがまつ毛の毛包に作用し、毛周期における成長期を延長することによりまつ毛の成長を促進すると考えられています。
※睫毛貧毛症とは、まつ毛が不足していたり、不十分であったりすることをいいます。

ページトップへ